シロンプトンでパンとお参りと

ブロンプトン(白)でふらりとお参り、そしてパン。

【京都】元出雲は出雲大神宮

元春日の枚岡神社に続き、今週は元出雲は出雲大神宮へのお参りです。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202059j:image

比較的新しい鳥居のようです。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119201948j:image

参道横に国歌と、さざれ石と思しき石と苔。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202023j:image

左手に朱塗りの鳥居。

後ろ手、干上がってしまったのか水を抜いているだけなのか池がありました。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202020j:image

弁財天のお社です。先程、行者山麓にも水のない池の近くに弁財天の像が安置されていました。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202009j:image

こちらは一の鳥居手前にある、一見するとプレーリードッグのようなウサギ。

『しあわせ、なでうさぎ』

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202102j:image

こちらの鳥居は古そうですね。一の鳥居です。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119201939j:image

手水舎は横並びに2か所ありました。中央は井戸でしょうか?使えないようになっていました。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202038j:image

そして、手水舎後方に気になるものを発見!

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202033j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202014j:image

神水。『真名井の泉』

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202107j:image

今日はペットボトルを持ってきています♪

帰りにありがたく頂戴しました。

 

参道突き当りに拝殿。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202117j:image

本殿では厄除の御祈祷中でした。

私の前にお参りをされていた方は、音を出さないよう柏手を打つ真似をされていて、私達も以前京都の大将軍神社で神主さんに教えて頂いた通り、

 ・鈴を鳴らす真似

 ・柏手を打つ真似

をして静かにお参りさせていただきました。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119213545j:image

さて、こちらの気になる文言。

『神の磐座 パワースポット』と書かれた案内に沿って鎮守の杜へ。
f:id:roy-7303-pkbs:20200119201932j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202113j:image

右手に崇神天皇社。

崇神天皇といえば、大物主の祟りを鎮めたとされています。出雲繋がりでお祀りされているのでしょうか。

f:id:roy-7303-pkbs:20200120161021j:image

そして、またもや裏手から入ってしまいましたがこちらの鳥居をくぐると

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202110j:image

素戔嗚尊と后神の櫛稲田姫命がお祀りされている上社です。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202128j:image

ここはとても気持ちが良かったです。
f:id:roy-7303-pkbs:20200119213538j:image

そして、下ってくると朱塗りのお社は稲荷社。
f:id:roy-7303-pkbs:20200119213548j:image

その奥手に御影の滝。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119201935j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20200119213522j:image

御影の滝の流れる小川に沿って、立ち入り禁止の標識のある奥に古墳があります。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119201951j:image

中央に見える大きな石のようなものが古墳でしょうか。奈良の石舞台のような石を積み上げた形状のような感じです。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119223213j:image

そして、その古墳の手前に春日社がありました。
f:id:roy-7303-pkbs:20200119202042j:image

境内図を見て勝手にお社があるものだとばかり思っていた為、まさかこの磐座が春日社とは思いもしませんでした。 f:id:roy-7303-pkbs:20200119202049j:image

春日社から見える位置にりっぱなしめ縄でお祀りされている磐座がありました。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119213509j:image

行者山山頂での巨石磐座群を見ていただけに圧倒される大きさではありませんでしたが、鎮守の杜に佇む磐座はそれだけで充分な存在感でした。
f:id:roy-7303-pkbs:20200119202055j:image

時間も遅かった為、更に奥にある磐座への参拝は出来ませんでしたが、次回へのお参りに。必ずこれより奥への参拝には社務所での受付が必要となるようです。
f:id:roy-7303-pkbs:20200119202026j:image

末社】笑殿社
f:id:roy-7303-pkbs:20200119213534j:image

『笑う門には福来る』な、なんとも楽しそうな名前のお社です。

大国主命の御子、事代主神大国主命と一緒に国造りをされた少彦名命をお祀りされています。

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202003j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20200119202052j:image

イチイガシと呼ばれる木。しめ縄のかかった木だと思うのですが、亀岡市内ではこの一本だけになるそうです。どんぐりの中では灰汁が少なく、そのまま炒って食べられるとのことで、食いしん坊な私としては興味津々です。
f:id:roy-7303-pkbs:20200119213526j:image

 

亀岡参りは坂道に始まり坂道で終わったと言っても過言ではないくらいな下半身酷使ツアーとなりました^^;

f:id:roy-7303-pkbs:20200123153442j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20200119213541j:image

透明度の高いお水に、森、そして広い空。

身体はグッタリですが、身体の軸はスッキリです。

f:id:roy-7303-pkbs:20200122090130j:image

さてお次はどこへ参ろうか〜。
f:id:roy-7303-pkbs:20200119201943j:image