シロンプトンでパンとお参りと

ブロンプトン(白)でふらりとお参り、そしてパン。

【大阪/交野市】竜神繋がりで磐船神社

大阪は交野市にある磐船神社

f:id:roy-7303-pkbs:20210719120341j:image

道路沿いからでも分かる巨石。
f:id:roy-7303-pkbs:20210719120306j:image

物部氏の始祖、饒速日命がお祀りされている磐船神社
f:id:roy-7303-pkbs:20210719120248j:image

先程道路沿いから見えた巨石。

f:id:roy-7303-pkbs:20210719120318j:image

磐船神社は読んで字のごとくの神社。

至る所に巨石が点在しています。

 

さて、7月で10歳になった息子。

f:id:roy-7303-pkbs:20210719120314j:image

今回のお目当ては、10歳以上75歳までの年齢制限がある岩窟巡り。
f:id:roy-7303-pkbs:20210719120330j:image

 

2年前、岩窟巡りへと歩いていく主人と娘を『自分も行きたい!』と悔し涙を流しながら見送った息子。

shironpton.hatenablog.com

 

この赤い橋の上で正面に見える岩窟を見て泣きながら、『10歳になったら絶対に行く!』と誓っていた息子の今日がリベンジの日。

f:id:roy-7303-pkbs:20210719120244j:image

あれから2年。

決して忘れてはいなかったようです。


f:id:roy-7303-pkbs:20210719120258j:image

『無事に岩窟巡りが出来ますように。』

 

拝殿の後ろでの巨石は御神体の磐座。
f:id:roy-7303-pkbs:20210719120301j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20210719120253j:image

その磐座の上には木々が生い茂っており、何度お参りに行っても圧巻な佇まい。
f:id:roy-7303-pkbs:20210719120310j:image

岩窟巡りはこの巨石が重なり合った間を潜り抜けるのです。
f:id:roy-7303-pkbs:20210719120346j:image

ここからは写真撮影は禁止。
f:id:roy-7303-pkbs:20210719120323j:image

手荷物は社務所で全て預け(落ちても拾うことは難しいです。)、いざ岩窟内へ。
f:id:roy-7303-pkbs:20210719120333j:image

私は今回で4回目の岩窟巡り。

主人と娘は2回目。

息子は念願叶っての初めての岩窟巡り。

 

この20年程で毎回違うメンバーとご縁があり4回目の岩窟巡りとなりましたが、今回が一番厳しく感じました。

それは、2回目となる主人と娘も同様だったようで、『前回はあれだけ簡単やったのに、なんか道順変わった?』、と道順を疑い出す始末(笑)

 

先週まで降り続いた雨の影響もあってか、岩窟内はいつも以上に水気が多く足元が滑ることもさながら、岩と岩が簡単には上らさせてはくれないような感じがしました。

 

念願叶っての息子は、一番の難所とされるところは難なく潜り抜けれたものの、まさかの岩と岩の間に流れる水を渡る箇所で動きが止まってしまいました。

手を前に出すようにと言っても、言えば言うほど手は後ろに下がり、挙句の果てには『もうここにいる』と言い出す始末・・・。

後ろ向きになってしまった心を反映しているかのような手の動き。

もうこうなると、言葉は頭に入ってこなく頭で理解するのは不可能。

先に渡った主人の前方支援と、息子の後ろに待機している私の後方支援でここまでやって来ましたが、ここで最後の奥の手。

私がやるのと同じように身体を動かすように指示。

頭で考えるのではなく、目で見て身体を動かす。

 

この方法がパニック気味であった息子に功を奏したようで、この後はそれこそ岩をよじ登るといった少々難易度の高いことも難なくやり遂げ、さぁもう出口に差し掛かろうとした場所でこちらの祠。

 

【白龍社】
f:id:roy-7303-pkbs:20210719120327j:image

(画像は下記磐船神社のHPよりお借りしました。)

http://www.osk.3web.ne.jp/~iw082125/gankutu-i.html

 

文中には、

龍大神をはじめ、黒龍大神、金龍大神などの竜神様がお祀りされています。

の文字。

 

ちょうど週末に、このようなLINEが入り、

f:id:roy-7303-pkbs:20210719120940j:image

 息子の名前には竜の漢字が使われています。

 

そして、磐船神社から帰ったその日に主人から差し出された携帯電話の画面。


f:id:roy-7303-pkbs:20210719121617j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20210719121611j:image

 

磐船神社の天岩戸。

 

龍神村のLINE

⇒その週末に息子(竜)と磐船神社へ参拝すると偶然にも白龍社

磐船神社の天岩戸

⇒主人から送られてきたケータイに磐船神社の天岩戸の記載

磐船神社の天岩戸はもののけ姫のモデル

 

そしてここからは、先週末たまたま見た自転車の本から『もののけ姫』へと繋がる場所を見つけ、夏休みに行ってみようと主人と話していたばかり。

 

こんなサインが沢山あった週末は久々なだけにビックリで、今年の夏も暑い中でのお参りとなりそうな予感(^^;

 

ただ、こうして沢山の気付きを頂けていることは大変ありがたく、暑いだ寒いだと外気温(周り、環境など自分以外)のせいにするのではなく、どんな状況であっても感謝を忘れずにいたいと。

 

そんなことも、自分に余裕が無くなってしまったら全く思えなくなってしまう、まだまだ心の狭い我が身です(^^;

 

さて、来月のお参りに備えて今出来るコトは体力づくり。

気付けば夏休みに突入しており、時間を見つけて子供達とサイクリングです。

 

【大阪/三島郡島本町】夏越の大祓 水瀬神宮

今更なタイミングの夏越しの大祓。

今年の夏越の大祓は毎週お水を頂いている水無瀬神宮へ。

f:id:roy-7303-pkbs:20210628161758j:image

形代は事前に社務所で頂いており、家族一同各々記載。

f:id:roy-7303-pkbs:20210628161811j:image

人形が5枚あったことから、ワンコの分も。

そして車の形もあったことから、日々の買い物に、子供達の習い事の送迎に、そし自転車をキャリア積んでサイクリングにお参りにといつも大変お世話になっている愛車の分も。

 

手水舎には上部に風鈴と、
f:id:roy-7303-pkbs:20210628161808j:image

水面には祈願玉。
f:id:roy-7303-pkbs:20210628161740j:image

大小、色とりどりの玉は娘のお気に入り。

 

境内には風鈴と風車。
f:id:roy-7303-pkbs:20210628161801j:image

どちらも連想されるのは『風』。

 

拝殿前の茅の輪。
f:id:roy-7303-pkbs:20210628161754j:image

水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」

と唱えながら、茅の輪をくぐります。

 

社務所で形代を申し込み、
f:id:roy-7303-pkbs:20210628161751j:image

いつも行列している離宮の水を頂きに列に並ぶもこの日は目の前に二組だけ。
f:id:roy-7303-pkbs:20210628161804j:image

後ろに至っては人払いが起きたかのように誰も来ず、さて順番が回ってきたタイミングで急に風が吹き一斉に境内の風鈴と風車が大合唱。

f:id:roy-7303-pkbs:20210628161743j:image

 

今年も半年を過ぎて、元気に過ごせていることに感謝。

 

梅雨も明け、日に日に暑くなる毎日に、そういえば去年の今頃は娘のカルタ部に付き合って、毎週滋賀県へお参りに行っていたな、と。

滋賀の神社とお山にたいそうお世話になったことを思い出しつつ、滋賀への付き添いが無くなった今年の夏は大人しく過ぎ去るかと思えば週末から何やらたくさんのサイン。

 

サインが3回続けばGOサインな私の勝手なルール。

3回続いてしまったので放っておくわけにも行かず、今年の夏もお参りに汗をかくことになりそうです。

 

どんなふうに繋がっていくのか、他人事のように楽しみです。

ありがたいご縁に感謝して☆

 

【ブロンプトン】ハンドルバックTOURBONを自立させる

左のバッグはブロンプトン専用バッグのCバッグ。

f:id:roy-7303-pkbs:20210624105020j:image

昨年の私の誕生日に主人からプレゼントしてもらい、最初は見た目がイマイチなことから(ゴメンナサイ)渋々使っていましたが、今ではなくてはならない相棒。

日々のスーパーでの買い物やお参りに欠かせないバッグ、Cバッグ。

 

ただし、25Lの容量はお参りに行くには大き過ぎ、バッグを背負った姿はADと言われる始末。

私には少しサイズが大き過ぎるようです。

 

お財布、ケータイ、ハンカチ、水筒、おにぎり、御朱印帳が入るくらいの何か良い自転車用のバッグはなかろうかとネットを徘徊。

 

TOURBONのハンドルバッグという商品を見つけました。

f:id:roy-7303-pkbs:20210624103428j:image

可愛いのですが、このままだと自立せず何とも残念なお姿。

 

モノ作りは苦手ですが、自分で作ったほうが愛着が湧くだろうと試行錯誤しながらカバンの自立へ向けて工作です。

 

まず、家にあった厚紙と長さを図るものさし。

油性ペンとカッターナイフ、そして透明の下敷きだけは100円ショップで購入してきました。

f:id:roy-7303-pkbs:20210624103351j:image

まずはカバンの底板を厚紙で作ります。
f:id:roy-7303-pkbs:20210624103418j:image

サイズを測りながら慎重に厚紙を切って、

f:id:roy-7303-pkbs:20210624103400j:image

ピッタリ!
f:id:roy-7303-pkbs:20210624103421j:image
底面は自立したものの、側面がヘナヘナ。

 

側面の自立用に、100円ショップで購入した下敷きを使用します。
f:id:roy-7303-pkbs:20210624103412j:image

サイズを測って油性ペンで印をつけ、
f:id:roy-7303-pkbs:20210624103425j:image

あとはカッターナイフで切込みを何度も入れて下敷きをサイズ通りに切り取ります。
f:id:roy-7303-pkbs:20210624103357j:image

側面の自立
f:id:roy-7303-pkbs:20210624103354j:image

ただし、このまま下敷きを縦に入れているだけでは単なる短い下敷き(笑)

そこで、カバンの縫い代の内側に下敷きを入れてみるもののこれではすぐに下敷きが外れてしまい、側面の自立どころかまたしてもちょっとしたお荷物(笑)
f:id:roy-7303-pkbs:20210624103415j:image

 

ここでちょっと小細工を。

縫い代左右の上部だけ縫い、下敷きが抜けないようにしてみました。

f:id:roy-7303-pkbs:20210624103403j:plain
f:id:roy-7303-pkbs:20210624103347j:plain

バッチリ!

f:id:roy-7303-pkbs:20210624103432j:image


出来た!
f:id:roy-7303-pkbs:20210624103408j:image

左:ビフォー

右:アフター


f:id:roy-7303-pkbs:20210624104203j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20210624104200j:image

完全なる自己満足の世界。

 

自転車に付けると、あら可愛い❤

f:id:roy-7303-pkbs:20210630160944j:plain

下に落ちている日除け予防の手袋が気になりますが(^^;

 

毎回ハンドルへの取り付けがちょっと邪魔くさいのですが、自転車生活が少しでも快適になると嬉しい♪

 

それにしても、まさかこんなに自転車と共にある人生を送ることになるだろうとは退職時には全く予想もしておらず、汗をかくのも夏の暑さも大嫌いだったはずが、夏日に自転車を漕いで汗をかくことでスッキリしている現状。

 

何事も、まずはやってみなければ分かりませんね。

体験して分かること、腑に落ちることが沢山です。

 

そんなことを気付かせてくれることになった自転車に感謝。

お参り頻度は下がる一方ですが、それに反して日々の生活で気付くことが沢山です。

 

学びは至る所にあることを実感!

 

 

【大阪/高槻市】大沢のスギ

大沢の原木栽培しいたけの直売所を出て、ものの5分もしないうちに右手に標識が見えてきました。

f:id:roy-7303-pkbs:20210622205610j:image

標識によると、大沢のスギは大阪府の天然記念物に指定されているようです。

以前、何の拍子かたまたまGoogleマップで見つけた大沢のスギ。

気になりつつも写真の余りのインパクトの強さに主人共々腰が引けていた大沢のスギ。

ちょっと怖い感じがしつつも、ずっと気になっていた場所。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201851j:image

標識からすぐそこの場所に目指す大沢のスギがありました。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194213j:image

原木栽培しいたけセンター直売所のマダムから聞いた話では、年々よからぬことをする人が増え、とうとう大沢のスギの周辺にこのように囲いが出来てしまったとのこと。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194201j:image

大沢のスギの周辺を整備される方が使用されると思うのですが、木の扉もありました。

f:id:roy-7303-pkbs:20210622202048j:image

私同様、何でも後ろ手に回りたがる息子はいの一番で大沢のスギの真後ろへ。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622195058j:image

大沢のスギとの対比に使って頂ければ幸いです(笑)

f:id:roy-7303-pkbs:20210622202112j:image

いやー、もうちょっと言葉が出ない神々しさ。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201507j:image

陽が多く射していることや、周りの木々が整理されていることも多分にあると思うのですが、私が写真を見て抱いていたちょっと恐ろしい木の様相が一変しました。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201452j:image

何とも懐の深い木。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201503j:image

ここからはまたしても一心不乱に写真撮影。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194239j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194232j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622202053j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194224j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622202044j:image

似たような写真ばかりですが、この一枚は少し違いますね。
f:id:roy-7303-pkbs:20210621211007j:image

幹回りもさることながら、やはり美しいのが根元。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201510j:image

反対側から娘が上ってきました。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194236j:image

縦横無尽に伸ばす木の枝が、まるで木の声のよう。

f:id:roy-7303-pkbs:20210622202041j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201514j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194158j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210621211012j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622202058j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201522j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194217j:image

木の枝は空いっぱいに、根は地面いっぱいに広がっています。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194244j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20210622202038j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622202106j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201518j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622202116j:image

何枚撮っても撮り足りることはなく、ただ気付けばもうお昼の時間。

お昼ご飯は家族一同満場一致の大沢スギが見える場所。

その間、週末にも関わらず私達家族以外は人っ子一人いない空間。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201459j:image

帰り支度の最中、男性のハイカーが一人山の上から下りてこられましたが、のんびり家族だけで過ごすことが出来ました。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622205453j:image

そんなことを言いつつも、子供達はどこに座るかで揉めたりなど相変わらずの小競り合いはセットでしたが(笑)

帰り道は来た道を上った分だけ気持ち良く下って、さながらジェットコースターのよう。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622195110j:image

行きのあのしんどさは何やったんやろうかと思うくらいの帰りの下り坂。

主人曰く、これがサイクリングの上り坂道の『ご褒美』だそうですが、私のご褒美は『思わぬところで色々な人と喋ることが出来、気付きがあったこと』だとか、『思わぬところでお参りが出来たこと』であり、決して坂道を上りたいわけではなく(笑)

 

ただ、子供達にとっては、

 

『未知なることへの挑戦』

『出来ないと思っていたことが出来た、そしてその達成感』

 

が一番のご褒美なような気がします。

 

行きの坂道で一番軽いギアが入らず、心が折れた私は自転車を降りてしまいましたが息子は『絶対に坂道で自転車から降りへん!』と強い意志と心で、最後まで走り抜きました。

ほんの2か月前までは、知らない坂道の前では泣いてペダルを漕ぐことを拒否していた息子が、です。

私のようにギアのせいにせず、自分の足で坂道を上り切った息子。

鬼滅の刃の煉獄さんではないですが、『心を燃やせ』を感じた瞬間。

 

サイクリングの家族全員の目的は違えども、自転車を漕ぐということだけは共通事項。

自転車を漕いでいるだけですが、成長や気付きを感じるのは紛れもない事実。

 

私にとって当初はお参りの際の相棒程度であったブロンプトンですが、交通手段だけでははかれない存在になりつつあります。

 

次回は、そんなブロンプトンに少々手を加えた記事になりそうです。

お参りが出てこないだなんて―(笑)

 

 

 

【高槻】早尾神社と大沢のスギ

紫陽花の季節。

紫陽花が見ごろな柳谷寺を目指す予定が、我が家の愛犬が娘の布団に粗相をしてしまい朝から洗濯機がフル稼働。

そんな朝から予想外のアクシデントにどんどん過ぎてゆく時間(^^;

柳谷寺は断念したものの以前から気になっていた場所へ予定を変更して出発です。

 

さて、家から自転車出発なのは変更せず、ずっと上りの坂道ばかり。

やっと上り切った坂の正面には新名神高速道路

f:id:roy-7303-pkbs:20210622201527j:image

この時点ですでに『・・・しんど』なのですが、それでも目的地はまだ上。

f:id:roy-7303-pkbs:20210622205558j:image

神峯山方面からの道と府道79号伏見柳谷高槻線の合流地点。

 

ここからはあまりの坂に写真を撮る余裕もなく、道中歩いているおじ様と自転車越しに交わした会話がきっかけで、この平坦な場所でしばし歓談。

f:id:roy-7303-pkbs:20210622201546j:image

こんなに立派なビワの木を教えていただき、
f:id:roy-7303-pkbs:20210622195055j:image

こんな発見も、車で通ると一瞬。

ただ、こうやって時間をかけて歩く(走る)ことで、また違った景色が見えてくるとおじ様。

 

どちらが良い悪いではなく、自分がどういう景色を見たいのかどうか。

日々の生活で特段特別な事をせずとも、望まなくとも、当たり前の生活の中に『楽しい』は沢山潜んでいると実感する瞬間です。

 

さて、このビワの木の先に高槻市バスの終着点『川久保』があり、川久保の名の通り川というからには川があり、付近では川遊びが出来たり、この時期だとカワセミがいることもあるとのことで写真を見せていただいたりと、山、ひいては自然と遊ぶコトの大切さみたいなものを沢山教えていただきました。

そんなとても親切なおじ様は、この府道79号線をよく歩かれているそうで、またお会いできる日があるかもしれません。

私と娘は、もうこのクラブのような罰ゲームのような坂道はちょっとゴメンな気分で、家で留守番の可能性も大ですが(笑)

 

さて、ここまで随分と坂道を漕いできたにもかかわらず、山奥深くなってきたからか暑さも気付けば涼しくなる体感温度

 

このあたりで空気が一変します。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622195103j:image

この日の大阪の予想気温は30度。

に対して、この一帯の気温は21度。

サイクリングには快適な気温です。

 

目指す大沢のスギはもう少しといったところで、左手に鳥居が見えてきました。

 

【早尾神社】

御祭神:早尾大神(猿田彦命)、応神天皇
f:id:roy-7303-pkbs:20210622205602j:image

久し振りの神社。

目的地の近くとあらば立ち寄らないわけもなく、少し休憩も兼ねてお参りです。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622202102j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194205j:image

建物の裏手に回ると大きな岩が二つ。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622205616j:image

その地点から左に90度の位置に鳥居。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201535j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194228j:image

お社の裏手に回るのはなかば習性のようなものです。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622205605j:image

こちらにも大きな岩と側に木。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622195114j:image

別のアングルからもう一枚。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622194209j:image

この岩と木が少し気になりました。

何だかどこかで見たような、知っているような既視感のある感じ。

 

そんなことを思いつつ、石段をそろりそろりと降りる息子についてゆきます。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622195200j:image

 

早尾神社が少し気になり調べてみたところ、滋賀県大津市に同名の神社があり、御祭神は武速素盞鳴命と猿田彦命

 

大津市といえば昨年の夏、娘のカルタに付き合って一人自転車でお参り三昧だった土地。

場所が気になり調べてみると、皇子山古墳古墳の近く。

shironpton.hatenablog.com

 

皇子山古墳は既に訪れており、大津市にある早尾神社が気になるところ。

 

そんなことに気付くのも、毎度こうしてブログを起す作業での気付き。

そろそろお参り再開となるのでしょうか。

他人事のようですが(笑)

 

さて、早尾神社の御祭神 猿田彦命から思い浮かぶのは滋賀県高島市にある白髭神社

shironpton.hatenablog.com

 

白髭神社のお社の裏手にも大きな磐座があり、更には木々が生い茂る山中。

ここ高槻市にある早尾神社にも磐座と思しき岩と木。

 

既視感の理由が少し腑に落ちたような気がします。

 

さて、早尾神社で息子と私がお参り中、娘と主人が立ち寄っていた場所。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201542j:image

道路を挟んで反対側に原木栽培しいたけの直売所がありました。

f:id:roy-7303-pkbs:20210622201539j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201531j:image

今年はしいたけにとってはお天気があまりよろしくなかったようで、収穫量が少ないとお店のとても美しいマダムがおっしゃっていました。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622195107j:image

何度も何度も『これだけしかなくてごめんね。』と謝られたのですが、こちらとしたらそもそも原木しいたけを求めてサイクリングに来たわけでもなく、サイクリングに来たおかげでこうして今夜のバーベキューの食材が思わぬところで買えただけでもとても嬉しく、『ありがたい』の一言。

それにしても、対応して下さったマダムがとても美しかった。

そう思ったのは私だけではなかったようで、

 

息子:『あのおばちゃん、キレイやったな』

主人:『あんな山奥のお店にも関わらず、綺麗にお化粧してはったな。』

 

とは我が家の男子チーム(笑)

 

やっぱり美しいものは見てしまうよね(笑)

私も美しいものは好きなので、とてもよく分かります(^^)

 

そんな見目麗しいマダムは、見た目だけでなく心も美しく、お会計をしている際、家族みんなにと飴を用意して下さったり、神社前に落ちていたペットボトルのゴミが気になると私に話す息子に、『そんなの気にしなくていいからね。』と、息子にも気をかけて下さいます。

 

そんな息子の何かをマダムは感じ取られたようで、

 

『この子はちょっとおもしろいね。』

『優しい子やね。』

と、息子に興味津々でした。

 

私からすれば、二、三言葉を交わしただけで息子の本質を見抜かれたマダムにビックリでしたが。

是非、またお会いしたいマダムです。


さて、自転車を停めている早尾神社へと戻り、ここから目的地の大沢のスギはもうすぐそこ、のマダムの言葉通り真っすぐ道を進みます。
f:id:roy-7303-pkbs:20210622201456j:image

 

つづきます。

【大阪/茨木市】竜仙の滝

6月の晴れた日の週末。

久し振りに娘も参加(というより、有無を言わせず(笑))の我が家の自転車部。

f:id:roy-7303-pkbs:20210606145046j:image

家族四人で向った先は、茨木市竜王山にほど近い竜仙の滝。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150451j:image

いつか行こうと言いながら、近いだけに後回しになっていた場所です(^^;

山道を入って10分足らずで竜仙の滝に着くとの情報を頼りに歩いていると、右手に石垣。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150437j:image

ミステリー好きな息子。

石垣を見るや否や脳内では色々な想像が駆け巡るようで、『この石垣の大きさやと、お城があったんやろうか。』『ん?でもこんなところにお城?』『なんなんやろ?』

と、一人でひとり言とは到底思えない大きな声で何やら考えをめぐらしておりました。

 

この後、そのまま真っすぐ進むのですが
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150348j:image

竜仙の滝の目印はなく、藤原鎌足公が眠るとされる阿武山への標識が見えてきました。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150441j:image

大きな岩が沢山あり、これだけですでにこの地に来れて良かったと4人でテンションが上がります。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150432j:image

そして、目の前に見えてきたのは竜仙の滝?
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150410j:image
見た感じからすると、どうにも水路のような気がします。

f:id:roy-7303-pkbs:20210606150345j:imageさて、困りました。

 

ちょうど下を見てみると、女性二人組の登山の格好をした方が私達のいる水路方面とは反対方面に歩いて行く姿を発見。

渡りに船。

その後を追うことに。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150454j:image

私はこの川を渡る時に片足がジャボンと川にハマりました(笑)

 

渡り終えたあと後ろを振り返ると、三角の大きな岩が近くにいた時よりもさらに大きく感じます。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150341j:image

さて川を渡った後は山道です。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606171247j:image

女性二人組の姿はもう見えず、ただ黄色いテープの目印がこの道で間違い内の証。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150406j:image

左側をふと見ると、ある一区画だけがこのような小振りな石の密集地帯。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150458j:image

チョット幻想的な場所でした。

 

こんな気持ちの良い山の中を、外の暑さとは無縁の涼しさで歩いていくと、
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150503j:image

またしても川を渡るの図。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150445j:image

その川の真ん中でひときわ目立っていた木。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150401j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150417j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150425j:image

木の姿に見惚れつつも先を進みます。

というか、木を撮り過ぎてまたしても置いて行かれました(笑)
f:id:roy-7303-pkbs:20210606144715j:image

このあとは道なりに進むと、ほどなくして目指していた竜仙の滝へと到着。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150352j:image

想像していた以上に水の勢いがあり、流れるしぶきが美しく、そしてとても気持ちの良い空間。
f:id:roy-7303-pkbs:20210606150357j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210606145042j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20210606150414j:image

f:id:roy-7303-pkbs:20210606144710j:image

さて、目的の竜仙の滝に到着しお昼ご飯を食べる場所をと見渡すと、滝の横に上へと続く道。

f:id:roy-7303-pkbs:20210616154836j:image

またしても、私を置いてさっさと進む男子チーム。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616154813j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152031j:image
とりあえず着いていくことに。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616154809j:image

右手の二股の木が気になりました。

f:id:roy-7303-pkbs:20210616152006j:image

木と呼応するかのように反対側には岩を使って天然の祠が設えてあり、中には石像が祀られていました。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616154755j:image

二股の木から後ろを振り返ると、眼下には竜仙の滝。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152020j:image
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152045j:image
そして、またしても置いて行かれるの図。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616154818j:image

辺りは巨石が多く、そして木の状態からも色々と想像せずにはいられない一帯。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152041j:image

一体どこまで歩いていくのかと後を追うと、この倒れた木の奥から声が聞こえます。

f:id:roy-7303-pkbs:20210616154347j:image

木をまたいで進んでいくと、目の前に石垣が。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152027j:image

となると、きっと何かがあるはず。

 

祠が見えてきました。

f:id:roy-7303-pkbs:20210616154822j:image

スマホで位置情報を確認する人と、指先のささくれが気になる人(笑)
f:id:roy-7303-pkbs:20210616154802j:image

祠は全部で3つあり、

 

『岩滝大明神』
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152024j:image

 

岩滝大明神の岩滝で思い浮かぶのは高槻市にある岩滝寺。

shironpton.hatenablog.com

 

その岩滝寺と同じ感じを受けるこの一帯。

東大阪市 生駒山にある往生院六萬寺は山号が岩滝山で役行者と繋がりがあり、近年滝行が復活。

 滝行 岩滝山 往生院六萬寺

 

お山の中に竜仙の滝、そして巨石。

となると、この竜仙の滝一帯も役行者と繋がりがあったのではなかろうかと。

 

お次は『不動明王 妙見大菩薩
f:id:roy-7303-pkbs:20210616154758j:image

 

滝(水)があるところには不動明王(火)。

火と水でカミ。

妙見大菩薩から連想されるのは空海さん。

 

最後に『瀧竜大明神』
f:id:roy-7303-pkbs:20210616151952j:image

龍と滝から連想されるのは瀬織津姫

 

役行者空海さん、瀬織津姫を感じずにはおれず、このお山にある滝、巨石を大切にお祀りされていることが窺い知れる三社。

 

そばには瓦があり、三社以外にもお社があったのかもしくは建て替えられた残骸かもしれません。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152034j:image
木と岩の融合。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152017j:image
さて三社を後にし、このまま進むと藤原鎌足公が眠るとされる阿武山への道。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152002j:image

ただもうここでお腹が限界。

おにぎりの後には、友達からもらった4つのドーナツを四等分。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152009j:image

4つの味を4人で美味しく頂きます。

まぁ、全員食いしん坊なだけという話しなのですが(笑)

 

お腹も満たされて、さて下山。

前日の雨でぬかるんだ道を恐る恐る下りるのは私だけで、他三人は上りと同様サクサクと。

 

ふらりと訪れた竜仙の滝。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616154344j:image

この地は、木も岩もそして水も全てが良い気に満ちた空間。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616151959j:image

天然アスレチックは子供達も楽しく、
f:id:roy-7303-pkbs:20210616151956j:image

巨石に素晴らしい木々に、そして心地の良い水の音。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616154806j:image

帰り道、息子が見つけた岩で作られていた足跡。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152048j:image

帰りだから分かる形状。

こんなところに小さな発見があり、また次回への楽しみへと繋がります。

 

そして息子と二人、同時に指さした木の根元にある大きな瘤。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616154337j:image

周りにある岩といい、面白い一画。

 

この地を一歩出れば、車の往来がある府道46号線。
f:id:roy-7303-pkbs:20210616152012j:image

府道46号線を一歩入れば、良い気に満ちた別世界。

 

思わぬところで久々の巨石に巨木、そしてその地を護るお社にお参りすることが出来、ありがたい一日となりました。

 

【大阪/三島郡島本町】水瀬神宮 離宮の水と茅の輪

毎週お世話になっている大阪府三島郡にある水無瀬神宮境内から湧き出るお水。

離宮の水。

f:id:roy-7303-pkbs:20210601142631j:image

昭和60年に、唯一大阪府内で全国名水百選に選ばれたお水。

時間帯によっては30分程列に並ぶこともあり、それでも家族一同が好きなこともあり毎週列に並んでいます。

この日は5月の最終週でしたが、すでに茅の輪が設置されていました。
f:id:roy-7303-pkbs:20210601142627j:image

 

例年であれば6月30日に夏越し大祓が執り行われるのでしょうが、コロナ禍で一般参列は中止とのこと。

水無瀬神宮 公式HP

 

そもそも、水無瀬神宮のお水を頂くようになったのは遡ること一年前。

shironpton.hatenablog.com

 

茨木市にある佐奈部神社の神主さんに、

高槻市在住であれば水無瀬神宮さんにお参りに行かれたら良いですよ。』

とお声がけいただいたのが事の始まり。

 

まさか、それから毎週お水を汲みに行くことになろうとはその時は全く思いもせず、予期せぬご縁に今となっては感謝しかありません。

 

水道の蛇口をひねれば綺麗な水は途切れることなく溢れ、水を汲みにいかなくとも何の不便もないのですが、何故だか我が家のノースピリチュアルな主人が、お水を毎週汲みに行くことが義務であるかのごとく、週末の予定の中に必ず水無瀬神宮へのルートを組み込んできます(笑)

 

私の若干スピっ気に反して、ノースピな主人は『神社のお水だから』といった風ではなさそうですが。

 

それでも、何かはわらかないものの、何かに守られているような気はするらしく(阪神淡路大震災の時はスノボ、大阪北部地震の時は朝から家族で愛知県へと遊びに行っており、大難が小難になる人です。)、なんとなくお墓参りはしておこう、という気はあるようです。

 

気付けば家族で本格的にお参りさせて頂くようになって2年。

一人でお参りに行くようになって4年が経過しました。

 

なぜ神社が好きなのかはいまだに分かりませんが、電車の窓から眺める景色の中に、車の助手席から眺める景色の中に、明らかに鎮守の森だろうと思われる木々の一画を見つけると、居ても立ってもいられなく、何故だかその場に行ってみたいと小さい頃から感じていました。

 

今、その居ても立ってもいられないソワソワした気持ちだった日々を実行に移すことが出来て、その場を訪れることで様々な発見や気付きがあり、相変わらず見えたり聞こえたりはしませんが、その発見や気付きが本来の私の目的なのではないのかと、うっすらぼんやり感じています。

 

先日、お世話になっているお寺の庵主さんとの最近の会話の中で、

 

『見える聞こえるといった能力はなにも特殊な能力でもなく、目が見える、喋れるといった同じ機能の一つ。大事なのはそこではない。自身が努力して得た能力こそが大事。仕事で得た能力。日々の生活で培った家事育児。資格勉強をして得た知識や技能。それらは、自分が努力して得たスキル。そのスキルは無くなることはなく、必ずや自分の血肉となり、自身を育むもの。

何も努力せずに(見えないものが)見える・聞こえるは、機能の一つ。

そこに固執はしてはいけない。自分は特別なのではなく、そういった面があるだけだとそのまま受け入れること。えらいわけでも何でもない。』

 

と、小さい頃から見えて・聞こえてしまう庵主さんは、切々と仰っていました。

 

友達との話しの流れで神社に行くと話すと、『何かあるの?』とか、『そっち系?』と言われたりもし、私自身、良く分からないけれども行く流れになったり、行かなきゃならなくなったりで、ただそんなことを話すと更に妙な雰囲気になってしまうので、『なんか昔から好きやねん。』と、実際その通りなので嘘ではない返答をしています。

 

そんな中、つい最近初めてできた神社友達に、『また自転車でふらっとお参りに行く時は声かけて~♪』と誘ってもらったのですが、そんな時に限って神社センサー無反応(笑)

 

時が熟せば、また一人ふらっとお参りに行くこともあろうかとは思うのですが、どうやらまだその時ではないようで、おかげで家の掃除と断捨離が進んで仕方なく(笑)

 

外にばかり求めずに、まずは自分の足元(生活をする拠点)を見直しなさいということなのでしょう。

 

このままではお参りブログではなく、お掃除ブログになりそうです(笑)

 

良い週末をお過ごし下さい。